« 采蝶軒(ZEN)の中華粥ランチ | トップページ | わが魂は輝く水なり »

黒蜥蜴2008

Simg_0189 にくきぅ





黒蜥蜴 5月4日(土)
14:30テアトル銀座
5列16番

美輪のもんさん、ではなく美輪明宏・三島由紀夫版黒蜥蜴。

退廃的耽美な世界を堪能いたしました。

黒蜥蜴を観るのは03,04年とこれで3回目。

何度観てもお気に入りは、2幕のサーカス風の衣装の小人2人がちょろちょろしている黒蜥蜴のアジトと、3幕の黒蜥蜴のコレクション。

2幕で令嬢を誘拐するのに、手柄をたてた手下に黒蜥蜴が

「おまえは素晴らしい働きでした。ご褒美に『青いカメ』の称号をさずけましょう。」shine

このセリフが大好きkissmark

嫉妬した愛人・雨宮が

「黒蜥蜴様、僕はいつ爬虫類の称号をいただけるんですか」

「おだまりっっ!大阪であんなドジを踏んどいて!(怒)」

そうかああ、『色+爬虫類』は名誉な称号なのね。その最高級が『黒+蜥蜴』。2幕の赤と黒のドレス好きだなあ。マメ山田さんら小人たちの衣装もカワイイ。

3幕、黒蜥蜴の館のゴージャスなこと!
黒蜥蜴さまは前を小人が花びらを撒きながら登場したり、奪った宝石を花の中心にすえると、蕾だった金色の花がぐわ~っと開いて、その中心には金色の逆ミラーボール。
とにかく金・金・金の館。それでいてエレガント。
あんな舞台装置が似合うのは、やっぱり美輪さんをおいて他に居ないでしょう。

そして3幕一番のお気に入りは、鍛え上げられた永遠の美しい身体のコレクションたち。映画では三島由紀夫が自ら出演したらしいシーン。

とにかくゴージャスな3幕。

この舞台は美輪さんの美意識と衣装の早替わりを楽しみました。

|

« 采蝶軒(ZEN)の中華粥ランチ | トップページ | わが魂は輝く水なり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509670/41180912

この記事へのトラックバック一覧です: 黒蜥蜴2008:

« 采蝶軒(ZEN)の中華粥ランチ | トップページ | わが魂は輝く水なり »