« コクーン歌舞伎2008 夏祭浪花鑑 | トップページ | リバーダンス »

THE CONVOY SHOW vol.27 うみわたれ

Simg_0359 一番お気に入りのねずみのおもちゃ

6月22日(日)14時りゅーとぴあ

13列25番




今村ねずみさん率いる平均年齢45歳の男性ダンサーたち6名
瀬下尚人さん、石坂勇さん、徳永邦治さん。黒須洋壬さん
そしてコンボイの一輪の花、舘形比呂さん。毎回本業のダンス以外に様々なパフォーマンスを披露してくれます。

今回のお話は古いアパートの住人6人がそれぞれが大家さんであるすまけいさん(桜田さん)とからんで展開してゆきます。

今村ねずみさんは海外旅行のガイドブックのライター。
サグラダファミリアに感激し、帰国後大家さんに絵を描くことを勧めることから物語は始ります。

見所はなんといってもダンス。特に6人そろってのタップは迫力でした。

ずっとお芝居が進む中で、今村ねずみさんがとてもすまけいさんをことあるごとに気にかける演出で、いたわる姿が妙に印象に残るのが不思議でした。

最後の大家さんからの手紙で、『膀胱癌にかかりそして脳梗塞にもなった自分がここまで~~』とのくだりがなんだか生々しく響きました。

そしてカーテンコールの時自分が感じていたものの謎が一気に解けました。すまけいさん、左半身に麻痺があったんです。
1幕ではまったく気づきませんでした。だって歩く姿はゆっくりだったけど、壁に絵を描く演技では何度も屈伸運動をされていたんですもん。

膀胱癌に脳梗塞という設定は演出上のものではなくて、まさにご本人そのものだったんです。
そう思った瞬間、言いようのない熱いものが胸にこみあげてきてしまいました。

すまけいさんが病気になってから、リハビリを積み、舞台に立つことを決心するまでどんな葛藤があったでしょう。
すまけいさんに舞台に立ってほしいと依頼した側や迎えた今村ねずみさんやコンボイのメンバーの思いは?優しさや思いやりや希望?計り知れません。

『うみわたれ』、お芝居やパフォーマンスという枠を超えて心に響くものがありました。

ありがとう。

|

« コクーン歌舞伎2008 夏祭浪花鑑 | トップページ | リバーダンス »

コメント

なつかしい~♪CONVOY!
もう!多分10年以上前(汗)かなー。TVでみて!一目惚れで・・チケットやっと取って「アカ・プリ」お泊りデイナーショウに行き興奮!感動した思い出が・・・そのころは、10人だったかな。かっこよすぎ!♪まぁ・・一回だけで・・こんにちまで(笑)B食メンバーにも熱烈ファンが居て、同じ公演を2-3回 行くようです。
イイ年を重ねても尚!イイオトコたち♪陰ながら(笑)応援してます。

☆江南記事・・本日かな.(mixi・・参照)

投稿: 下午茶(うさこ) | 2008年7月 1日 (火) 10時20分

>うさこ様
へぇ~。昔は10人もメンバーが居たんですか。
10年たった今もCONVOYはカッコイイよかったです。
私は『祭り』がテーマだった5年くらい前と今回で2回目です。それより以前も噂にはきいておりました。
CONVOYは根強いファンが多いですね~。

CONVOYの1輪の花・舘形さんですが、今年再演となった東儀秀樹さんとの『鳳凰伝説』、ステキでした。
おととしだったかな、上野国立博物館で観ました。

投稿: なまけ猫 | 2008年7月 3日 (木) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509670/41670640

この記事へのトラックバック一覧です: THE CONVOY SHOW vol.27 うみわたれ:

« コクーン歌舞伎2008 夏祭浪花鑑 | トップページ | リバーダンス »