« 恐竜と隣人のポルカ | トップページ | 夏の主食 »

TOGI+BAO2008@大宮

Img_0388 2008年6月28日(土)大宮ソニックシティ17時
1階2列 36番




東儀秀樹さんプロデュースのユニット。
上海民族楽団からオーディションで集められたBAO(バオ)は豹の意味。
二胡、笛、琵琶それぞれ2名づつ計6名。

まだ若い彼らそれぞれの音楽は、中国精鋭が集められた楽団に所属しているだけあって、スゴイです。

東儀さんの音楽を一緒に奏でると、ポップでありながらどこか懐かしい中国の香りを漂わせて、西洋風でも純日本風でもないものとなります。

5年前に結成されたBAO。東儀さん単独のコンサートだとファンはけっこうみんなお行儀がいいのだけど、TOGI+BAOはいつからか、ウチワあり、横断幕ありのまるでジャニーズのコンサートかと思うほど大盛り上がりの恒例の夏祭りのようになりました。

大宮は前日の横浜が初日でツアー2回目の公演。
東儀さんのコンサートは通常2部構成です。
1部の終わりからスタンディングありで早くも盛り上がり、
2部はさらにキャストも客席もノリノリでした。note

でもこのユニットも今年で最後だそうです。
ずっとずっと夏にはTOGI+BAOに会えるような気がしていたんだけど。。。
残りのライブ、心残りないよう盛り上がりますup

チラシ上から下へ

チェン・ジュン:笛
風貌が東儀さんに似ていると噂の彼。3cmくらいの笛から長い笛まで自由自在にあやつります。ちっちゃい笛で奏でる鳥の声は楽しいです。

ツァオ・レイ:二胡
彼の二胡はとっても表現豊かでセクシー。BAOの中で一番のおしゃれ。この5年間でどんどん美しくなりました。

ヤオ・シンフォン:二胡
笑顔同様とっても優しい音を奏でてくれます。「蘇州夜曲」が素敵でした。今回のコンサートではジン・カイと一緒に童謡「七つの子」演奏してくれます。この5年の間に生まれた東儀さんのお子さんへの贈り物かな。

ユィー・ビン:琵琶
演奏するとき、イッっちゃってるような危ない表情を浮かべながら(^^;)、指から血が噴出すんじゃないかと思うくらいのテクニックを披露してくれます。イタズラっぽいヤンチャな笑顔が憎めません。

ジン・カイ:笛
去年よりBAOに参加。去年はとっても緊張の表情でしたが今年はずいぶん慣れた感じになりました。誠実な感じの心のこもった音色を聞かせてくれます。

タン・シャオフォン
とっても日本語を勉強して、簡単な会話は可能になったとか。いつもニコニコ笑顔がカワイイ。明るい琵琶の音色を聴かせてくれます。

私のお気に入りは、ツァオ・レイ君ですheart04

|

« 恐竜と隣人のポルカ | トップページ | 夏の主食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509670/41767278

この記事へのトラックバック一覧です: TOGI+BAO2008@大宮:

« 恐竜と隣人のポルカ | トップページ | 夏の主食 »