«   歌舞伎座さよなら公演 七月大歌舞伎 玉三郎・海老蔵『天主物語』 | トップページ | パイレート・クイーン »

仮名手本忠臣蔵 昼・夜通し

歌舞伎座さよなら公演 11月

通し狂言 仮名手本忠臣蔵

2009年 11月22日(日) 昼の部 1階13列7番
                                     夜の部 2階1列17番

Img_1885


この方が出てくると、他の役者さんを差し置いてもうどうしても目が追っかけてしまいます。

片岡仁左衛門 素敵です~lovely

 

演目はご存知忠臣蔵。なのであらすじは省きます。

江戸時代は幕府の手前設定を鎌倉時代、名前もびみょ~に変えて
あるけど、大石内蔵助は大星由良之助(おおぼしゆらのすけ)、大石力は大星力弥(おおぼしりきや)、衣裳も思いっきり江戸だから、そりゃ~
フィクションっぽくしようってったってムリなお話です(^^;)

昼の部では由良之助は幸四郎さん、夜の部では仁左衛門さんが演じ、夜には幸四郎さんは別の役で登場。昼公演と夜公演で同じ役を別の役者が演じるのも、現代演劇ではありえない楽しさです。

昼の部の見せ場は、浅野内匠頭にあたる塩冶判官高貞(えんや はんがん たかさだ)の切腹の場面でした。

判官は勘三郎、判官に切腹を命じるお上からの使いの石堂右馬之丞(いしどうみぎうまのじょう)に仁左衛門、由良之助は幸四郎。
この3人が同じ舞台にたっているのは圧巻でした。

切腹の場面は台詞がなく所作のみで淡々と進行してゆきました。
力弥役の片岡孝太郎が勘三郎に切腹のための刀を渡さなければならないつらさ、そして殿のそばを離れがたい力弥に、目だけで「もう行きなさい」という勘三郎の表情の見事さ。切腹を命じる役ではあったものの判官を気の毒に思う気持ちが全身から湧き立っている仁左衛門。
刀を自の腹に突きたてた時やっと到着した由良之助幸四郎。涙を誘わずにはいられない場面でした。


夜の部では、由良之助が仁左衛門さん。一力茶屋での姿が色っぽいですわ。討ち入りではうって変わって凛々しい姿。

昼夜通しで午前11時から午後9時までの10時間。この耐久芝居を経験した後なので、がんばれました。(^^)
TEAM NACSの安田顕さんもご観劇でした。昼の部の時しかお見かけしなかったけど、夜も通しでご覧になってたようです。

しかしsign03開演前のやな印象があたってしまった。
昼の部、前に座ったキョーレツな大阪のおばちゃん。切腹の一番いい場面で袋ガサガサ、目当てのものがなかなか探し当てられずず~っとガサガサsign01人形焼きを取り出しムシャムシャsign03まったくのお茶の間感覚(怒)!
夜の部では後ろのおばちゃん4人組、これもなんかやな予感。
最初静かだったのに、最後のほうは飽きてきたのか、観ながら隣のお仲間とテレビを見ながらのようにしゃべりだす!ちらちら視線を送ってもまったく気づかないpout 終演後座席の下にはのり巻きが落ちていた!
「しんじらんな~い!」と思わず叫んだ私に、見ず知らずの前列全員が激しく同意したのでした!歌舞伎座って年齢層が高いせいか、観劇マナー悪い人多いですよね。そんな年寄りにならないよう気をつけなきゃ。
 

|

«   歌舞伎座さよなら公演 七月大歌舞伎 玉三郎・海老蔵『天主物語』 | トップページ | パイレート・クイーン »

コメント

す・・・すっげ~!勘三郎、幸四郎、仁左衛門!
もうあと残っているのは王と長嶋ですか?!みたいなメンバーだわね。気が遠くなりそうです。
観劇もそうだけど・・寄席でも同様!せっかくなのにまったくな人と一緒になってしまうとげんなりですね。飛行機みたいにお手元のボタンで係りの人を呼べるといいよね~「あいつら排除しちゃって!」って。
あとは「シークレットボタン」で・・特定の席を5人以上のお客が選んだらその席はすっと・・・ダストシュート!
ああ、私の中の悪魔がこんな発想を!!
安田さんはあの日、初歌舞伎だったみたいですよ~!「さすが梨園!」と感動していたようですよ~

投稿: 酔いどれ天使 | 2009年11月28日 (土) 16時40分

天使さま

劇場のイスがダストシュートに!
おお!なんて素晴らしい発想でしょう!!
ホント、そうしたい観客、いっぱいいます。できたらスッキリするだろうなあ。

安田さん初歌舞伎座で昼夜通しですか!
お尻はけっこうきつかったと思われますが、内容的にはとっても充実した演目でした。

歌舞伎って昼と夜の演目が違うんですよね。現代演劇の公演では考えられません。
来月は昼はクドカンの新作が目玉で、夜は野田版ねずみ小僧です。
昼夜とも行かねばなりません。
客席に役者さんを見かける率が高くなりそうですね。

投稿: なまけ猫 | 2009年12月 1日 (火) 08時43分

おっと、今日からもう12月。
来月でなく今月の演目です。

歳を経るごとに1年って加速度がついていきます。

投稿: なまけ猫 | 2009年12月 1日 (火) 08時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509670/46871389

この記事へのトラックバック一覧です: 仮名手本忠臣蔵 昼・夜通し:

«   歌舞伎座さよなら公演 七月大歌舞伎 玉三郎・海老蔵『天主物語』 | トップページ | パイレート・クイーン »