« 薔薇とサムライ | トップページ | つかこうへい氏ご逝去 »

レベッカ 帝劇バージョン

Img_2223

レベッカ   帝国劇場  2010年4月11日 1階K列24番

2008年クリエ版レベッカから2年。

2008年のシアタークリエでの上演には、こんな小さい劇場でやるのかとウィーン側から難色を示されたとのことですが、今回は満を持しての帝劇版が開幕しました。

セットも大掛かりになり、5つ星ホテルやマンダレィの屋敷のセレブな雰囲気がup
終盤には本火が使われ、これぞ帝劇版というところをがんばっています。

なによりマキシム(山口祐一郎)がわたしに心惹かれるようになった経緯の曲が増えてわかりやすくなっていました。
前回ではそのあたりが見えませんでしたからね。

広い劇場になったことで、サスペンスの客席の緊張感というか空気が張り詰めて増幅されていたような感じがします。

今回観たシルビアさんのダンバース夫人でした。相変わらず怖い。
涼風真世さんとダブルキャストなのでまた違った怖さのあるらしい涼風さんも見たいです。(まだチケット取ってませんが)

帝劇版レベッカ。2年前より一層進化していました。

|

« 薔薇とサムライ | トップページ | つかこうへい氏ご逝去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509670/48084478

この記事へのトラックバック一覧です: レベッカ 帝劇バージョン:

« 薔薇とサムライ | トップページ | つかこうへい氏ご逝去 »