« 井上芳雄10周年コンサート 井上トート&浦井ルドルフ | トップページ

じゃじゃ馬馴らし

Img_2453    2010年10月17日

   彩の国さいたま芸術劇場












1990年のつか芝居、飛龍伝で筧さんが大好きになりました。今でも私がもっとも好きな俳優さんです。

蜷川 十二夜で私のハートをわしづかみにした麻阿は亀治郎さん。

筧さん、亀ちゃんの競演でまさに私にとってのドリームキャスト。

蜷川演出十二夜、しかも大好きなオールメールシリーズです!
o(*^▽^*)o

蜷川さん、ありがとうsign03

( ̄▽ ̄)筧節(かけいぶし)と歌舞伎テイストが融合して、いままでにない味のオールメールシリーズとなっていました。happy01

筧さんのペトルーチオはセリフを熱くまくし立て、動きも筧流。
それでもシェイクスピアのセリフがきっちり伝わってくるからスゴイhappy02
周りも合わせてセリフが早いのなんのsign03
今までのさいたま芸術劇場のシェイクスピアシリーズでは最速と思われました。

キャタリーナ亀ちゃんは見栄きりまくりでした。(≧∇≦)
そのたびに大拍手。
さすがに屋号の掛け声はありませんでした。
2幕ではキャタリーナがおとなしめになってしまうのですが、不思議とどんどんきれいになって、カーテンコールの時は本当に輝いてましたshine

しかし、『じゃじゃ馬馴らし』ってありゃDV(ドメスティックバイオレンス)の話だわ。
「女を飼い馴らして」自分の思い通りにさせる、監禁、洗脳だもん。

これキャタリーナを女優がやったら生々しくなってしまうから、オールメールにして正解です。蜷川さん。good

しかもペトルーチオはDV男なわけだから、現代の女性からすればとーぜん反感買いまくりのはず。でも筧さんのペトルーチオはどこか愛嬌があってなんか許せちゃう。
蜷川さんの絶妙なキャスティングですね。
2005年のつかこうへいダブルスの「飛龍伝」で広末涼子ちゃんのセリフで嫉妬に狂った三角関係の桂木に「あんな男(筧さん)のどこがいいんだ!」と怒鳴られ「愛嬌があります!」とやり返す場面を思い出しました。

なんであんなDV男にキャタリーナが馴らされてしまったか?
キャタリーナのお父さんは妹(月川くん)ばかりをかわいがり、周囲の男どもも妹はちやほやするけど、キャタリーナは最初からあんまりなじゃじゃ馬、悪魔扱い。それじゃあ、キャタリーナだってひねくれるよね。
そんな時にペトルーチオがキャタリーナをマシンガンのように口説きまくるセリフで

「本当の君はそんなんじゃないはずだ!」

「俺が君を守る!」

なんて言われたら、ドストライクでしょう~~~。
しかも筧さんにこんなセリフ言われたら、私ならイチコロです。
男ってズルイですねっっannoy

妹ビアンカの月川くんも、時々絶妙なタイミングで男の子に戻って楽しいです。
でも最後は月川ビアンカが身勝手な男どもに対して女性としてスッキリさせてくれますよ。ヽ(´▽`)/

いや~、筧さん、亀ちゃんの競演は期待どおり見ごたえありました。

|

« 井上芳雄10周年コンサート 井上トート&浦井ルドルフ | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509670/49795188

この記事へのトラックバック一覧です: じゃじゃ馬馴らし:

« 井上芳雄10周年コンサート 井上トート&浦井ルドルフ | トップページ